車の売るのはタイミングが重要

車を売るなら少しでも高い価格で売却したいものです。
車の売却はいつどこで売っても同じ、と思ったら大きな間違いです。
車の売る価格は手放すタイミングや売却先などによって大きく異なります。
ちょっとした努力をするだけでも売る価格は大きくアップします。
何もせずになんとなく売却してしまうと損をすることになりますから、高く売るコツを学んで高額売却を実現しましょう。
今回は、車の売却のコツについて紹介します。
車の売却価格は、店側の需要に大きく左右されます。買い取る店舗がほしいと思えば高額査定が実現しますが、在庫が豊富にありそれほど欲しいと感じていなければ査定額は低くなってしまいます。
高額で車を売却するためには、買取店の需要が高くなっているタイミングを見計らって売却することがコツです。
では、買取店の需要が高くなるタイミングはいつなのでしょうか?
ズバリ正解を言ってしまうと、年度末の直前、1月から3月にかけてが最も需要が高くなるシーズンです。
中古車店に車を買いに来る人の中には、4月からの新生活のために車を購入する人が大勢います。
4月を前にした年度末のシーズンは、新生活用の車を購入する人に対する在庫車を確保しないといけませんから、どの中古車店でも車の需要が高くなるのです。

車 売る

車の売却と車検による査定額の関係

これまで乗っていた車を中古車として売るなら、できるだけ高額で買い取ってもらいたいと思うのは当然です。
でも、車を高値で売るにはいくつかの注意点があるのです。
ドライバーの中には、車検が切れるタイミングで車の売却を検討する方が意外とたくさんいます。
ちょうどこのタイミングで車の買い替えを検討するからです。
でも、できるだけ車検期間が残っている車の方が、査定額が高くなりやすいと言えます。
車検が残っている車なら、そのまま簡単な整備をするだけで再び市場に出すことができるのです。
車買取業者にとってはその方がコストがかからなくなるので、査定額も高くなりやすくなります。
車検切れギリギリではなく、車検期間がたくさん残っている時期に売ることを検討してみてください。
どうしても車検ギリギリに売る場合でも、敢えて車検を通してから査定してもらう必要はありません。
というのも、車検には意外と高額な費用が必要になってしまう為です。
車検期間が長い方が査定額が高くなるとはいえ、車検による出費と比較するとプラスになる可能性は低いです。
総合的に考えて、車検切れが間近に迫っている場合はそのまま査定してもらいましょう。
買い取ってもらった後は業者がきちんと車検整備をして流通させてくれるので、心配はいりません。

車の個人売買

以前、車を所有していましたが諸事情により手放すことになってしまいました。
新車で購入後、10年近く経っていましたがまだまだ乗れそうな状態でした。

買い取りもしてくれる中古車販売店に足を運びましたが、何店か廻ったけれどがっくりするような査定価格ばかりでした。
ひどいお店は、査定ゼロ、廃車料金まで取られるという見積もり結果でした。
その中古車販売店で下取りしてもらって、違う車を買うのであれば、売る方の車の査定はもっと高いようです。
ただし、私の場合は車を完全に手放すのが目的で売るため、そうは問屋がおろさない、というのが販売店側のやり方であると、査定価格3万円の親切な担当さんが教えてくれました。
(ちなみにこれが査定価格としては最高額でした)

更に探してだめだった場合はこの親切な担当さんのお店で売る事にしようと決めて、個人売買のサイトに載せました。
最初から値下げを希望する人がたくさんいて嫌になりそうでしたが、希望価格そのままで良いという人が現れて無事その方に売ることが出来ました。
個人売買は、陸運局に足を運んで書類変更手続きなどをしなければならないので煩雑ではありましたが、変更手続きなども買って出てくれるような本当に良い方でありがたかったです。